株式会社インターアクション

株式会社インターアクション

歴史・沿革

1992年6月 株式会社インターアクション(横浜市)を設立
半導体検査装置の設計及び開発業務を開始
1995年4月 横浜市金沢区大道に本社・工場を拡張、移転し、光源装置の組立工場を新設
1995年6月 ソニー株式会社向けCCD光源装置の量産開始
1997年4月 横浜市金沢区福浦「横浜金沢ハイテクセンター」に本社・工場を移転
2001年2月 東京証券取引所マザーズに株式を上場
2001年4月 光ファイバセンサの事業化を開始
2002年3月 経済産業省が公募した「即効型地域新生コンソーシャム研究開発事業」に「ヘテロコア光ファイバセンサによる水位計、成分計の開発」として正式採択
2003年6月 C-MOSイメージャ検査用「IPモジュール」で米国アジレントテクノロジーズ・インク社と低コスト検査ソリューションを提供して行くことで協力関係を樹立
2003年12月 熊本県合志町(現:合志市)に熊本TSDC(テスト・ソリューション・ディベロップメント・センター)が竣工
熊本TSDC外観
2005年4月 ソニーセミコンダクタ九州株式会社向けリアプロ用LCDパネル光学検査装置の供給を開始
2005年6月 株式会社BIJを設立
2005年12月 熊本県合志市に熊本FABが竣工
2006年4月 経済産業省・中小企業庁が選定する「元気なモノ作り中小企業300社」に選定
2007年1月 SOC半導体の開発段階で欠陥分析を行う「ダイアグノスティックテストシステム」で米国テセダ社と戦略的業務提携契約を締結
2009年3月 中国に西安朝陽光伏科技有限公司(現連結子会社)を設立
2009年4月 中国陜西省西安市のG-solar Power Co., Ltd.と販売代理店契約を締結
2009年8月 中国河北省保定市のYingli Green Energy Holding Co., Ltd.と業務提携契約を締結
2009年11月 中国Orient社と太陽電池製造装置の販売代理店契約を締結
2010年1月 国立大学法人奈良先端科学技術大学院大学より「EL技術」を用いた太陽電池検査装置製造のための特許技術の実施権を取得
2010年2月 西安立明電子科技有限責任公司とLED照明に関する販売総代理店契約を締結
2011年6月 おひさま農場株式会社を設立
2011年9月 太陽光発電システムである「おひさまシステム」の販売開始
2012年2月 ODAプロジェクトとして、ソロモン諸島の過疎地域に太陽光パネルとバッテリーを組み合わせた、ソーラーホームシステムを2,000台設置・導入
2012年4月 Inter Action Solomon Islands Limitedを設立
2012年9月 ISO9001及びISO14001の認証取得
認定登録証明書_ISO9001、「認定登録証明書_ISO14001」
2013年6月 茨城県鉾田市の太陽光発電所が売電開始
2013年1月 アイディーエナジー株式会社を設立
2013年12月 フィジー共和国ベンガ島の無電化地域に、太陽光発電システムを設置
バッテリーを備えたオフグリッドソーラーシステム(20.5kW)で、77世帯に送電を開始
2013年10月 静岡県御前崎市の大規模太陽光発電所が売電開始
太陽光パネル
2014年1月 一般社団法人日本経済団体連合会(経団連)に入会
2014年7月 株式会社エア・ガシズ・テクノスの全株式を取得(現連結子会社)
2014年10月 東京証券取引所 市場第二部へ上場市場変更
2014年10月 明立精機株式会社の全株式を取得(現連結子会社)
2015年9月 中国に陕西朝阳益同精密设备有限公司(現連結子会社)を設立
2015年11月 連結子会社の明立精機株式会社がMEIRITZ KOREA CO.,LTD.の全株式を取得(現連結子会社)
2015年12月 株式会社BIJが株式会社Cuonの全株式を取得
2016年3月 千葉県千葉市中央区に事業所を設置
プラント設計受託事業、3Dモデリング設計事業を開始
2016年7月 ソニーセミコンダクタマニュファクチャリング株式会社より、「SONY ベストパートナー賞」を受賞
2016年8月 POSシステムの開発・コンピューターソフトウェアの設計・制作事業を開始