株式会社インターアクション

株式会社インターアクション

中期事業計画

セグメント別の事業戦略と成長ドライバー

1.IoT関連事業

事業戦略

積極的な投資により利益の最大化を図る

成長ドライバー

  • モバイル端末や車載カメラ向けのC‐MOSイメージセンサ市場の拡大に伴う需要の取込み

2.環境エネルギー事業

事業戦略

事業の着実な利益計上と安定的なキャッシュフローの創出を目指す

成長ドライバー

  • アジア諸国を中心とした、環境規制強化に伴う環境関連装置の需要の取込み

3.インダストリー4.0推進事業

事業戦略

成長市場へのビジネス展開と、IoTビジネスとのシナジー効果を生み出して成長を図る、拡大戦略

成長ドライバー

  • IoT技術を活用したシステム開発支援と販売チャンネルの拡大
  • 中国をはじめとする海外シェアの獲得に向けた、ディスプレイパネルメーカーの新規ユーザーへの取組み

連結3ヵ年業績目標

  実績 3カ年業績目標
(百万円) 平成28年 5月期 平成29年 5月期 平成30年 5月期 平成31年 5月期
売上高 5,078 6,242 6,996 7,525
営業利益 467 597 665 844
ROE 11.0% 12% 13% 14%
ROIC 6.1% 9% 10% 11%

インターアクショングループ 事業・投資 指針

積極的M&A

M&A基準
  1. 成長分野であるか、今後成長を見込める分野であるか
  2. 現在まで培ってきた技術や事業のノウハウが、事業展開に活用できる分野であるか
  3. 5年間の想定キャッシュ・フローをWACC(加重平均資本コスト)で割り引いたNPV(正味現在価値)がプラスであるか
事業撤退基準
ROIC-WACC=マイナスとなる事業は撤退を検討!

詳細は資料「中期事業計画(2017-2019) 」をご参照ください。